自分の老後に対する不安と期待について

自分の老後に対する不安と期待

"まだ30代の私ですが、これだけ高齢化が進んでくると、自分の老後も不安に感じます。高齢者が多くなり、年金ももらえるかわかりません。また高齢化社会に伴っておきてくる介護や高齢者の援助などの社会的な面だけでなく、自分の健康や経済的なことも心配です。
今いくら元気だからといっても、この先のことは誰にもわかりません。

個人的にしていることは、がん保険に入っていることくらいで、貯金もできていないし、たいしたことはできていません。

でも不安なことばかりでもありません。老後の生活、夫婦2人で旅行に出かけたり、田舎の方に引っ越しして農業をしてのんびり自給自足の生活をしてみたいです。また、家に友人たちをよんで、昔話に花をさかせたり、時には若い友人たちと食事をして、若いパワーをもらったりしたいです。また、物価の安い海外の国で、年金で悠々自適の生活もいいなぁと思いをはせたりします。

先の暗い面だけでなく、明るい面にも目をむけて、ある程度の対策をしつつ楽しんで生活できたら、と思います。"